エイジングケア商品を販売している「アンファー」によると、若年層の女性の頭皮の臭いが気になるという男性が半数近くもいるのだとか。その臭いは「体育館のマットの臭い」ともたとえています。
しかしこの頭皮の臭いの原因は、若年層の女性だけに限った話ではなく、更年期世代の女性でも当てはまる部分があります。では具体的にどういったことが原因になっているのでしょうか?

更年期における頭皮の臭いの原因っていったい何?

頭皮をマッサージする女性

更年期と呼ばれる40~50歳半ばで、頭皮の臭いが気になるという女性が多いのは、女性ホルモン「エストロゲン」が減少していることと関係があります。まず加齢による卵巣の老化によってエストロゲンが減少してしまいます。
その結果、男性ホルモンが優位になり、皮脂の分泌が盛んになって悪臭の元となってしまいます。さらにエストロゲンは健やかな弾力のあるみずみずしい肌作りのサポートも行っており、エストロゲンの減少で頭皮環境も悪化しています。
またストレスや脂っこい食事なども皮脂の分泌を活発にしてしまいます。

頭皮の臭いを抑えるセルフケアとは?

頬に手をあてる女性

頭皮の臭いの原因は、過剰に分泌される皮脂にあるとお伝えしましたが、この皮脂を抑えるための対策を以下にご紹介します。

洗浄力の「強すぎる」シャンプーは使わないこと

洗浄力の強いシャンプーは
①成分に洗浄力の強いラウリル酸・ラウレス酸が含まれている
②比較的安価である
という特徴があります。

価格が安い・知名度が高いという理由でシャンプーを選んでいる人は注意しましょう。洗浄力が高いと、臭いの元になる皮脂がしっかり洗浄されて必要な皮脂まで失うことになり、逆に頭皮を乾燥させてしまいます。
その結果、乾燥から守るために、それまで以上の皮脂が分泌されることになるからです。

髪の「毛」よりも頭皮を洗うこと

「毛」の方に注意が行きがちですが、頭皮の臭いを消すためには頭皮をしっかりマッサージするように洗うのがポイントです。
こうすることによって頭部の血流を改善し、頭皮環境を整えて悪臭を防ぎます。

髪の毛を洗ったら必ず乾かしてから寝るように

髪の毛が濡れたまま眠ってしまうと、湿度の高い頭皮の中に潜んでいる常在菌が繁殖し、臭いの原因ともなります。しっかり頭皮を乾かしてから眠るようにしましょう。

脂っこい食事は控える

皮脂の過剰分泌の元となるファーストフードや揚げ物といった、栄養の偏った脂っこい食事は控えましょう。

ストレスをためないこと

更年期は女性にとっても人生のライフイベントが多く、ストレスや疲労もたまりやすい時期でもあります。ストレスによる皮脂の過剰分泌を抑えるためにも、自分に合ったストレス解消法・リラックス方法を持ち、実践するようにしましょう。

まとめ

気になる頭皮の臭いは、更年期に減少してしまうエストロゲンによるものです。

このエストロゲンを補うような対策も必要ですが、食事やストレス・使っているシャンプーや洗髪方法など日頃の生活習慣を改善すれば、頭皮の臭いが抑えられる可能性もあります。心あたりのある悪い習慣はすぐにでも辞めてみましょう。

アメリカの主婦も漢方で更年期対策しています

更年期障害の最先端医療はハーバード大医学部があるアメリカです。
しかし、本場アメリカでも、ホルモン療法のような副作用がある西洋医学ではなく、副作用の心配がない漢方成分である高麗人参が更年期対策として大変注目されていて、中でも10年連続世界No.1の売り上げを誇る「正官庄」は更年期のアメリカ女性に特に人気があります。



高麗人参にだけ含まれている更年期障害有用成分「ジンセノサイド」は、自律神経をサポートし「めぐり」を改善し「ゆらぎ」を抑えてくれますので、快適な更年期を過ごすことができるでしょう。