自分の弱点について何か聞きたくないことを聞いたりしたときに「耳が痛い」という表現を使いますが、この言葉が示す通り、「聞きたくないこと=ストレス」とした場合、本当にストレスによって耳のコンディションが悪化すると考えられています。
更年期は子供の独立・親の介護など生活環境の変化によって生まれるストレスが多くやって来ます。確かに耳をふさぎたくなるような話・出来事にも遭遇することも多くなるのですが…。
更年期の耳の痛みは本当にストレスだけが原因なのでしょうか?

更年期に感じる耳の痛み…対処法は?

耳を抑える女の子

難聴などの前触れではないかと心配になってしまいそうな耳の痛みですが、耳の痛みがどの部分に起こっているかで対処が変わってきます。
耳には外耳・中耳・内耳といった部分に分かれており、耳の入り口から鼓膜までの間の外耳であれば、耳掃除のし過ぎによる炎症などがあります。
また鼓膜などの中耳においては中耳炎といった症状に伴って耳が痛むことがあります。さらに奥にある内耳ですが、メニエール病・突発性難聴といった病気に関連した痛み、また内耳周辺の器官・臓器(例えば咽喉や鼻など)に何か異常があるために耳の奥が痛くなっているケースもあるのです。
では更年期に多発する耳の痛みはどうして起こるのでしょうか?
更年期障害は卵巣の老化によって女性ホルモンの分泌が減少していきます。この影響を受けて自律神経の働きが低下し、自律神経がコントロールしている血管運動(血管の収縮・弛緩)も不安定になり、内耳への血液の供給がうまくできていないために、耳の不調が起こっていると考えられます。
また内耳に関する病気にはメニエール病・突発性難聴といった症状がありますが、これらの原因としてストレスが挙げられます。更年期は生活環境の変化に伴るストレス・疲労をため込みやすい時期でもあります。更年期のストレスが内耳に悪影響を及ぼしていることも考えられます。
更年期の体の変化に合わせて、普段の生活習慣で見直すべきところは改善し、ストレスは解消する・リラックスを心がける必要があります。
また血の巡りが悪化しているので、ストレッチといった運動を行うことで体を動かし、血液の流れを良くすることも大切です。

まとめ

耳に痛みを伴うといった耳の不調は、更年期障害以外の原因も考えられます。特にメニエール病は更年期世代の女性にも多く見られるという特徴もあります。

耳が痛いなどの不調に気が付いたら、耳鼻科での診察を受けることをおすすめします。普段の生活においても規則正しい生活習慣やストレス解消を意識するようにしましょう。

アメリカの主婦も漢方で更年期対策しています

更年期障害の最先端医療はハーバード大医学部があるアメリカです。
しかし、本場アメリカでも、ホルモン療法のような副作用がある西洋医学ではなく、副作用の心配がない漢方成分である高麗人参が更年期対策として大変注目されていて、中でも10年連続世界No.1の売り上げを誇る「正官庄」は更年期のアメリカ女性に特に人気があります。



高麗人参にだけ含まれている更年期障害有用成分「ジンセノサイド」は、自律神経をサポートし「めぐり」を改善し「ゆらぎ」を抑えてくれますので、快適な更年期を過ごすことができるでしょう。