更年期に入ってから髪のボリュームが以前と比べて減ったような気がしてショック…という人もいるでしょう。これは卵巣の老化に伴って、今まで育毛のサポートもしていたエストロゲンが減少してしまったことによるものです。
中でも髪型を一番印象付けるパーツ「前髪」を変えることで、実年齢よりも若く見せることが可能でもあります。ここでは簡単に前髪を変えるテクニックをご紹介しましょう。

前髪を変えれば印象が変わる?簡単なオススメの方法

こちらを見る女性

前髪のある・なしで人に与える印象が異なるようです。
今まで前髪を作らなかった人も、前髪を作ることで若々しいイメージが生まれてくるかも…?また前髪を増やすことでも印象が変わってきます。

いつもの分け目を変えてみよう!

毎日同じ分け目でいると、分け目となっている部分の頭皮が硬くなり、その部分の毛髪が育ちにくくなります。実は薄毛を一番感じやすい部分でもあるので、分け目を変えてみましょう。

前髪を作ってみる

髪の毛を前に持ってきて前髪を作って増やすという手もあります。
ご自身でできればいいのですが、自信がなければ美容師さんに頼んで作ってもらいましょう。

「前髪ウィッグ」を知っていますか?

前髪だけのウィッグがあります。これを利用すれば、前髪がない人も気軽に前髪を作ることができ、ボリュームアップ効果も期待できます。
自分で切ってボリュームや髪の毛の長さを調整できます。前髪ウィッグの継ぎ目が気になるなら、帽子やカチューシャで隠しましょう。

まとめ

前髪のある・なしで印象が変わります。もし分け目や前髪のボリュームが気になるようでしたら、ここでご紹介した方法を実践してみてはどうでしょうか?

前髪を実際に切って作るのに抵抗があればウィッグなどを利用することで、気軽に前髪が作れます。前髪を作る・増やすことで見た目年齢を下げてみましょう。

アメリカの主婦も漢方で更年期対策しています

更年期障害の最先端医療はハーバード大医学部があるアメリカです。
しかし、本場アメリカでも、ホルモン療法のような副作用がある西洋医学ではなく、副作用の心配がない漢方成分である高麗人参が更年期対策として大変注目されていて、中でも10年連続世界No.1の売り上げを誇る「正官庄」は更年期のアメリカ女性に特に人気があります。



高麗人参にだけ含まれている更年期障害有用成分「ジンセノサイド」は、自律神経をサポートし「めぐり」を改善し「ゆらぎ」を抑えてくれますので、快適な更年期を過ごすことができるでしょう。