40代、50代になってくると、どんなにスリムだった女性の体にも少しずつ変化が出てくるもの。お腹やお尻がたるみ始め、どう見ても明らかに「オバサン」に近づいてきてしまいます。

なかには内臓脂肪がぶあつく蓄積し、まるでリンゴのようなデップリ体型になってしまう人も。そう、これが「更年期太り」です。
更年期太りのイヤな点はズバリ「なかなか痩せないこと」。
焦って何とかしようと努力しても、若かったころのように簡単にストンと体重は落ちません。
それどころか、更年期特有の不快な症状――めまい、イライラ、のぼせ、不安、発汗、肩こり、頭痛など――もあいまって、ストレスは最高潮。
スッキリしない毎日の連続に、ストレスからドカ食いしてさらに太る、なんて悪循環におちいっていませんか?
今回お届けするのはそんな、更年期太りに悩む40代・50代女性へお届けする救いの一手です。
ズバリ、「更年期ダイエットを成功させるコツ」。
憎き脂肪をノックアウトし、美しいボディを取り戻すためには、いったいどうしたらよいのかを解説していきましょう。

まずは原因を理解しよう!更年期に太る3つの理由

モノゴトの対策を立てるには、原因をしっかり理解しておく必要があります。
そこでまずは、「更年期になるとなぜ太ってしまうのか」について解説していきましょう。

体重計に乗る女性

女性ホルモン「エストロゲン」の低下

更年期は閉経を目前にひかえた時期。女性の体にはさまざまな変化が訪れるものです。

そろそろ役割を終えようとする卵巣も、じょじょにその機能を低下させていきます。
それに伴って、卵巣で作られている女性ホルモン「エストロゲン」の分泌量が大幅に減少します。
このエストロゲン、実は「血液中のコレステロール値を正常にし、脂肪の分解・代謝を促す」という役割も持っています。
このため、エストロゲンが減少すると脂肪の代謝がうまくいかなくなり、太ってしまうのです。

筋肉量の低下

人の体は加齢ととともに衰えていきます。特に更年期を迎える40代後半になると顕著に表れてくるのが、筋肉量の減少です。

筋肉は脂肪に比べ、たくさんのエネルギーを消費します。筋肉量が減るとエネルギー消費量も減るため、痩せにくい体になってしまうというわけです。

内臓脂肪の増加

内臓脂肪」とは、筋肉の裏側の腹腔内についている脂肪のことです。皮膚の下に蓄積する「皮下脂肪」よりも見た目には目立ちませんが、非常に大きな健康被害を与えます。

若年のあいだ、体内の脂肪は「皮下脂肪」として蓄積されていきます。これは女性ホルモンであるエストロゲンが血中の脂肪量を調整してくれるから。
しかし、更年期に入るとこのエストロゲンが急激に減少します。その結果、血中の脂肪はコントロールできなくなり、どんどん内臓へ溜まっていってしまいます。
このため、更年期に入ると内臓脂肪がつきやすくなり、「かくれ肥満」に陥りやすくなるのです。
ショックを受ける女性
いかがでしょうか。「年を取る」ということはごく自然なことなのに、それだけでこんなにも太りやすくなってしまうなんて……ちょっと理不尽ともいえますよね。
でもここで、「更年期だから仕方ないわ」とあきらめてはいけません。確かに太りやすい体質にはなってきますが、手を尽くせばちゃんと痩せる方法はあるのです。
同世代の友人に差をつけ、スッキリボディを手に入れるためには、まずあきらめないこと。それが肝心です。

あきらめるのはまだ早い!更年期でも効果的に痩せる方法とは

ここまで読み進めてくださっているのは、「更年期太りをあきらめない」と腹をくくった強い意志の持ち主だけでしょう。

そんなあなたに、ここからは具体的なダイエット方法を伝授していきたいとおもいます。
太りやすく痩せにくい更年期女性でも、挫折せず効果てきめんなダイエット方法…いったいどのようなものがあるのでしょうか。

マッサージ

マッサージをする女性

年齢に関わらずダイエット効果を発揮するのがトリートメントオイルを用いたリンパマッサージです。
たくさんのオイルの中で、ズバリ「ダイエットのオイル」と呼ばれているのが「グレープフルーツ」と「サイプレス」。
それぞれの効能を見ていきましょう。
  • グレープフルーツオイル

血液やリンパの流れをよくします。
体内の全体的な「めぐり」が改善されるため、むくみの解消に効果的です。

  • サイレースオイル

利尿作用や収れん(ひきしめ)作用があります。
セルライトの解消や脂肪の軽減に効果的です。

精油を使ったマッサージは、コツさえ覚えてしまえば自分でも行うことができます。手にマッサージオイルを取り、リンパの流れる方向に沿ってさするようにマッサージするのがポイントです。
またアロマのリラックス効果で、更年期特有のイライラ・モヤモヤもスッキリさせることもできるでしょう。まさに一石二鳥のおトクなダイエット方法ですね。

運動療法

ウォーキングをする女性

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、更年期太りにもオススメのダイエット方法。
筋肉量をアップさせ、基礎代謝量を増やすことで太りにくく痩せやすい体質を作ることができます。
このとき注意しなければならないのは、急に強い負荷をかけないこと。気ばかりあせっていきなり長距離のジョギングやツラい筋トレなどを始めてしまうと、かえって体を痛めてしまいます。
バス停をひとつ手前で降りて歩く、エスカレーターではなく階段を使う、といった日常生活の中の運動量をふやす方法でもいいですね。
ただし、更年期には、動悸やめまいなどの症状が出現することもあります。
こういった症状が強く出ているときには体に負担となる運動は避けた方がよいでしょう。

筋肉トレーニング

筋トレする女性

運動療法のひとつ、筋トレ。
普段から体を動かす習慣がある人なら、すこし強めの筋トレをするのも更年期ダイエットにはいいとされています。筋肉量を増やし、代謝率をアップさせましょう。
ゆっくりしたスクワットや膝髷腹筋などは足腰の大きな筋肉を増やすだけでなく、骨の強度の維持や女性ホルモン分泌の促進にも役立ちます。
まさに更年期女性にはうってつけのトレーニング方法といえそうです。

食事療法

食事をする女性

基礎代謝量が減少している更年期。20代の頃のように「食べなければすぐにストンと痩せる」といったことはまずありません。
更年期太りを解消させるためには、単純に体重を減らすだけではなく、筋肉量を増やし基礎代謝をアップさせることに着目しましょう。
そのためにも、筋肉の材料となる良質なたんぱく質をしっかり摂取することが大事。
肉や魚はダイエット的にNGと思い込んでいる女性は多いですが、これらもきちんと食事に取り入れバランスよく食べるのが更年期痩せへの近道です。
また、痩せたいからといって炭水化物などの糖質を過度に制限するのもよくありません。
糖質は脳にとって大切なエネルギー源
正常に働くために、脳は毎日大量の糖を消費しています。ただでさえ更年期でイライラしている中、脳への栄養補給をカットしてしまうと、脳はよけいに機能を低下させてしまいます。注意しましょう。
関連記事(当サイト内の記事に飛びます)
○○を食べるとラクになる!?更年期障害に本当に効く食事とは

サプリメントの摂取

ボトルのサプリメント

更年期向けのサプリメントは、ざっと調べただけでも星の数ほどあります。
たとえば、
  • 基本のサプリ(キッコーマン)

大豆イソフラボン、ぶどう種子ポリフェノール、ビタミンD3、葉酸といった更年期にピッタリの成分を配合。体内で不足しているエストロゲンを補って、年齢に負けないイキイキした毎日をサポートしてくれます。

  • 馬プラセンタ TP200(ホスピタリティショップ)

高品質で希少な北海道産のサラブレットプラセンタを純度100パーセントで使用。更年期の複合的な悩みへアプローチしてくれます。

などです。
さまざまな有用成分をつかい、各社しのぎを削って製造・販売していますが、品質は玉石混合となっているのが現状です。
特にポリフェノールやマカ、プラセンタといった成分は近年になって発見された比較的新しい成分。まだまだ研究途上の部分が多く、体内でどのように働くのかについての科学的根拠は充分ではありません
またそういった新しい成分の最も恐ろしい点は、「長期服用者がどうなるかの結果」についてデータがほとんど出揃っていないことです。
20年、30年飲み続けた場合、体に危険性は本当にないのか。これが判明していない以上、ちょっと危ない橋であるという点は否めませんね。

ガンコな更年期肥満、漢方で痩せるってホント?

漢方薬のなかにもダイエットに効果的なものがあります。

医師に処方してもらわなくとも、薬局やドラッグストアで気軽に購入することができるので、ちょっとだけ試してみたいなという人にはもってこいでしょう。
漢方薬を選ぶときは、症状だけでなく自分の体質(=「証」)をしっかり見極める必要があります。ミスマッチを防ぐためにも、購入前によくチェックしておきましょう
漢方
  • 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

【向いている人】体力がある程度あるが運動は苦手。ついつい食べ過ぎてカロリー過多になってしまうタイプの人。
こってりした味付けや冷たい飲み物を好み、お腹周りの脂肪が気になる便秘がちの人。

  • 大柴胡湯(だいさいことう)

【向いている人】ガッチリ体系だがお腹を中心とした脂肪が気になる人。イライラするとつい食べてしまったり、無性に甘いものをドカ食いしてしまったりするタイプ。

  • 防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

【向いている人】あまり食べないにもかかわらず、ぽっちゃりしていて疲れやすい人。汗をかきやすく、運動は嫌い。すぐに座りたくなってしまうタイプ。

  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

【向いている人】どちらかというと虚弱体質で冷え性。むくみやすく、貧血気味で暑くてもなかなか汗をかかないタイプ。

基本的には、漢方薬は「血や気、水のめぐりをよくする」もの。
それらの結果が、発汗の促進や代謝率のアップなのです。汗を出し、代謝がよくなれば必然的に痩せやすい体質に変化していきます。漢方で痩せるというのはつまりこういうメカニズムです。
このように漢方薬は、更年期女性にとって嬉しいアイテムのようにみえます。しかし、よくよく考えると実は力不足の一面も。
それは、更年期の原因そのものを改善するものではないという点です。残念ながら漢方薬では、エストロゲンの量を増やすことはできません。
また、複数の症状にまたがって効果があるものがあまりないという点も、漢方薬のちょっと不安な面といえます。
体重増加だけでなく、更年期に起きる体調不良全体を、根本から改善してくれるものがあればいいのですが……ほとんどの漢方薬では、なかなかうまくはいかないようです。

効果はあるけど太っちゃう!?ホルモン注射の恐るべきワナ

更年期障害の治療法の中で、漢方と対極の位置にあるものが「ホルモン注射」です。

これは女性ホルモンを体外から注射して補充する方法。漢方薬にはできない根本的な部分へのアプローチすることができます。
注射
ホットフラッシュや精神症状、めまいといったあらゆる更年期障害の症状を緩和することができますが、もちろんデメリットもあります。
ひとつは「ホルモン注射をすると太ってしまう」という点です。
注射される女性ホルモンのなかに「プロゲステロン」が入っている場合、これは女性をより女性らしく丸みのある体にする作用がある成分のため、脂肪がつきやすくなってしまいます。
また、副作用として急激な食欲増進がみられることもあります。
このため、更年期の体重増加が気になる人にはホルモン注射はあまりお勧めできません。
また、見過ごすことができないデメリットがもうひとつあります。それは「不正出血や乳がんなどのリスクが高まる」という点です。
ホルモンはステロイドの一種。体には当然必要なものですが、外部から不自然に取り込むとでさまざまな悪影響も出てくるのです。
更年期障害で病院にかかるとすぐにホルモン注射をすすめられることもあるようですが、よほど重い症状で悩んでいる場合以外は、気軽にうけるのは避けた方がよさそうです。
できるだけ自宅で簡単にできる方法をまずは探してみましょう。

更年期ダイエット、これで成功!最も効果的な漢方とは 

自宅で簡単・手軽にできる更年期対策。
諸症状にまんべんなく作用し、もちろん体重面もしっかりケアしてくれるもの……夢のようなアイテムですが、全くないわけではないのです。

いくつかある中で、今回は高麗人参を紹介しておきましょう。
高麗人参

歴史こそが最大の証明!高麗人参の効果と安全性

高麗人参は自然由来の漢方成分です。歴史は古く、まさに4000年も昔から「万能薬」として愛されてきました。

最近発見された健康成分には、信頼できる科学的根拠や長期服用者のデータがなく、服用するのに少し不安が残るという点はもう解説しましたね。
高麗人参はその長い歴史の中で、たくさんの研究を重ねられてきました。専門家による論文は多数発表されており、今や私たちでもその一部を簡単に読むことができます。
また、長く服用しても安全であるということは、4000年ものあいだ健康食品界の王者として君臨しつづけてきたことからも明らかです。歴史そのものが、高麗人参の安全性を証明してくれているというわけですね。

不調の原因に直接働きかける!有用成分ジンセノサイド

高麗人参の有用成分は「ジンセノサイド」と呼ばれるサポニンです。

これは一度摂取されると、体の中では最高のバランサーとして働きます。
加齢によって狂い始めた女性ホルモンのバランスを優しくサポートしてくれるため、対処療法にとどまりません。根本的な部分へのアプローチが可能なのです。
また、ジンセノサイドの効能は数えきれないほど多岐に渡ります。
つまり、症状の枠を超えた全体的なケアをすることができるのです。これは更年期障害には特にピッタリですね。

自然由来100パーセント、副作用ナシの嬉しさ

長く服用するとなるとどうしても気になるのが「副作用」。
どんなに有効でも体重がガーンと増えてしまうホルモン注射のような治療法は、できればあまり選びたくないものですよね。

でも大丈夫。高麗人参に限っては心配ご無用です。
高麗人参は100パーセント自然由来の天然成分です。体への作用も非常にソフト。
気になる症状を無理やり押し込め、体に大きな負担をかける西洋の化学医薬品とは全く違います。副作用なく、安心・安全に口にすることができるのです。
もちろん手に入れるのに処方箋は不要。ドラッグストア、薬局、インターネット通販など様々な方法で簡単に購入することができます
まだ調べていないなら、いちどチェックしてみて損はないかもしれませんね。
笑顔の女性

まとめ

いかがでしたか?今回は、太りやすくなる更年期に効率よくダイエットする方法を中心にまとめてきました。

更年期は確かに太りやすく・痩せにくくなってきます。原因は主に3つ。「女性ホルモンの減少」、「筋肉量の減少」、「内臓脂肪の増加」ですね。
20代の頃とは太る原因が異なるため、若いころと同じ方法ではなかなか痩せられません。できるだけ筋肉量を増やし、基礎代謝量をアップさせていくことが大切です。
そのためには、筋肉の材料となる肉・魚もしっかり取ってバランスよく食べ、日常的に運動を摂りいれていくのがよいでしょう。
薬を使うのもひとつの手ですが、何を飲むかの選択は慎重に行いましょう。
更年期ダイエットに効き、さらに更年期のさまざまな不快症状も根本的にケアできるもの。たとえば高麗人参のサプリメントなどは、副作用の心配なく誰でも飲めるので手を出しやすい製品のひとつといえます。
40代、女性はまだまだこれから美しくなる時期です。年齢のせいだからしかたないとあきらめず、意識を高くもってキラキラボディを手に入れましょうね。

アメリカの主婦も漢方で更年期対策しています

更年期障害の最先端医療はハーバード大医学部があるアメリカです。
しかし、本場アメリカでも、ホルモン療法のような副作用がある西洋医学ではなく、副作用の心配がない漢方成分である高麗人参が更年期対策として大変注目されていて、中でも10年連続世界No.1の売り上げを誇る「正官庄」は更年期のアメリカ女性に特に人気があります。



高麗人参にだけ含まれている更年期障害有用成分「ジンセノサイド」は、自律神経をサポートし「めぐり」を改善し「ゆらぎ」を抑えてくれますので、快適な更年期を過ごすことができるでしょう。