フラフラする、朝が辛い、疲れやすい、動悸や息切れ…貧血による症状で悩んでいる女性は多いものです。日本鉄バイオサイエンス学会の調査によると、日本人の成人女性のうち約17パーセントに貧血が見られるというデータもあります。

しかし患者のうち多くが、病院に行くまでもないからといって通院していないのもまた事実。口コミや雑誌、インターネットなどから何となく得た自己流の知識で対処していると、思わぬ悪化を招いてしまうことも…。あなたの対処法、間違っていませんか?
今回は、日常的な不調である「貧血」がテーマです。その原因やメカニズムについて正しい知識を得て、しっかりと対処できるようになりましょう。

ほとんどの人は鉄不足!~貧血のタイプは4種類~

「貧血」とは、血液が薄くなっている状態のことを指します。血液の中には、身体中に酸素を運搬する役割を果たす「ヘモグロビン」が含まれているのですが、何らかの原因でこの量が減少してしまうと、体内に酸素がうまく行きわたらなくなってしまうのです。心臓に負担がかかり、動悸や息切れなどの症状が現れることもあります。

貧血を起こした顔色の悪い女性
貧血はその原因によって以下の4種類に分類することができます。
鉄欠乏性貧血
ヘモグロビンは主に鉄から構成されています。体内の鉄分が不足するとヘモグロビンが作られなくなってしまい、貧血となってしまいます。
その原因は大きく4種類あります。
  1. 鉄摂取量の不足
  2. 欠食・偏食、無理なダイエットや食生活の乱れなどによる鉄分摂取の不足

  3. 鉄需要の増加
  4. 妊娠中は胎児の成長のため、授乳期には母乳分泌のため鉄需要量が増加します。
    また、思春期の女子では急激な成長により血液量が増加し、あわせて鉄の需要も増えることが分かっています。

  5. 過剰な鉄損失
  6. 月経過多、潰瘍、痔、ガンなどによる消化管からの出血

  7. 吸収障害
  8. 胃切除などにより胃酸の分泌が不足し、鉄吸収が障害されます。
    (参照:http://www.byouin.metro.tokyo.jp/eiyou/hinketsu.html

この種類の貧血は適切な治療により改善させることができるため、疑われる場合は早めに対処しましょう。
再生不良貧血
血液は骨髄でつくられます。この骨髄の機能が低下することにより起こる貧血が、「再生不良貧血」です。
悪性貧血
赤血球が作られるときにはビタミンB12や葉酸が必要です。これらが不足すると赤血球が減少するため「悪性貧血」を引き起こします。
溶血性貧血
赤血球膜が異常に早く壊れてしまい、内部に含まれているヘモグロビンが流れ出してしまうことで起きます。
この4種類のうち最も多いのが、鉄欠乏性貧血です。日本人の女性のほぼ9割以上はこれに該当するといわれています。このため、今回の記事では特に鉄欠乏貧血にスポットを当てて解説していきます。

フラフラ、ドキドキ…気になる症状はどうして起きるの?

めまいを起こす女性

貧血の症状といえば、代表的なものは
  • めまい
  • 立ちくらみ
  • 頭痛
  • 顔面蒼白
  • 耳鳴り
  • 動悸
  • 息切れ
  • 易疲労性(つかれやすい)
  • 末端の冷え
などがありますね。ではなぜこれらの症状が出てしまうのでしょうか。ここからはその理由について学んでいきましょう。
「不調の原因は「ATP」と「ヘモグロビン」の不足だった」

貧血を語るうえでヘモグロビンと同じくらい重要なのが、「ATP」です。

ATPとは、筋肉を動かすときのエネルギー源となる物質です。手足、内臓、脳、全ての細胞はこのATPを燃料にして動いています。
ATPは細胞内のミトコンドリアで作られます。ミトコンドリアは、体が取り込んだ酸素をATPに作り替えることができるのです。
さて、呼吸器から取り込んだ酸素をミトコンドリアまで届けてくれるのは誰でしょう?そう、「酸素の運び屋」ヘモグロビンですね。
つまり、ヘモグロビンが不足してしまうとミトコンドリアまで酸素が行きわたらず、結果的にATPが作られなくなってしまい、体はエネルギー不足の状態になってしまうというわけです。動悸や息切れ、疲れやすさの原因はこれ
また、ミトコンドリアがATPを作るときには同時に熱も産生されます。ATPが作られなくなることは、熱の産生もストップするということです。これは末端の冷えの原因となります。貧血の人に冷え性が多いのはこのためです

ヘモグロビンってどんなもの?~体をめぐる「酸素の運び屋」~

さてここで、酸素の運び屋ヘモグロビンについてもう少し詳しく解説していきましょう。一体どのようなもので、何からできているのでしょうか?

疑問を持つ女性
ヘモグロビンは「ヘム」と「グロビン」がくっついてできた複合タンパク質です。「ヘム」とは赤い色素で、中に鉄を含んでいます。「グロビン」はタンパク質の1種類です。
酸素を運搬する重要な役割を果たしているのは、ヘムの中にある鉄。これが酸素と結合するからこそ、ヘモグロビンは酸素の運び屋として活躍できるのです。
ヘムもグロビンも、ヘモグロビンの大事な材料です。どちらが不足してもヘモグロビンは作られません。
そして、鉄の量もヘモグロビンにとっては重要な要素。もし鉄が欠乏すれば、ヘムを作ることができなくなってしまいます。その結果、ヘモグロビンも不足に陥るというわけです。
貧血=鉄不足」というイメージがあるのはこのため。鉄分不足がヘモグロビン不足を招き、ヘモグロビン不足が貧血を引き起こす――できるだけ多く鉄分を摂ることが、貧血改善への道なのは間違いないといえるでしょう。

まずは食生活を改善しよう!~鉄分の多い食材まとめ~

では、いったいどのような食べ物に鉄分が多く含まれているのでしょうか。貧血の人が摂るべき食材をまとめてみましょう。

ひとつ注意が必要なのは、鉄分なら何でもよいというわけではない点です。

食品に含まれる鉄分には、吸収率の良いもの(ヘム鉄:肉類や魚介類に含まれる)と、あまり良くないもの(非ヘム鉄:乳製品や青菜に含まれる)があります。

摂るならば効率の良いヘム鉄を多く含んだものを積極的に選びましょう。
例えば
  • カツオ
  • 赤貝
  • まぐろ
  • いわし
  • レバー
などはヘム鉄の含有量が多い食材です。
また、
  • あさり
  • 菜の花
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • ひじき
  • たまご
  • 大豆
などは非ヘム鉄ですが、鉄分を多く含んだ優良食材です。調理しやすいものが多いため、ヘム鉄を含むものと併せて使うとよりよいでしょう。
もちろん過度なダイエットや偏食はNGです。規則正しい食事を心がけることが何よりも重要といえます。
皿とフォーク、ナイフ

重度の場合は薬物治療~用いられる処方薬まとめ~

食事療法は基本中の基本ですが、貧血が重度の場合は薬物治療も並行して行われることがあります。病院で処方される主な薬は以下の通りです。

  • 鉄剤(硫酸第一鉄、グルコン酸第一鉄、コハク酸第一鉄、還元鉄など)
  • ビタミンB12(メチコバール)
  • 葉酸(フォリアミン)
  • ビタミンB6(ピドキサール)
  • エリスロポエチン(EPO)
この中でも、主に使われるのが鉄剤です。効果が出はじめるのは服用を続けて1~2か月程度たってから、というのが一般的。再発を防ぐためには少なくとも3ヶ月は飲み続け、体内に鉄分を十分補給しておきましょう。
また、吐き気などの消化器症状が強くてどうしても鉄剤が飲めない時には注射で鉄を取り入れることもあります。ただしこの方法は最終手段。かなり頻繁な通院が必要になりますし、取り入れすぎて鉄が過剰になってしまう可能性もあります。通常の貧血では、注射治療はほとんど現実的ではありません

鉄分、ヘモグロビンだけじゃない!実は○○も重要ポイント

さて、ここでひとつの疑問がわいてきます。
血液中に鉄分が足りており、ヘモグロビンが十分にありさえすれば、貧血は避けられるのか」という点です。本当にそれだけでよいのでしょうか?

はてなマークを浮かべる女性
答えは、NO
鉄分やヘモグロビン以外にも欠かせない要素があります。それは、「血流」。
ヘモグロビンが酸素の運び屋だとすれば、血流は道路事情と言い換えられます。運び屋がどんなにたくさんいても、道路の事故や渋滞などでスムーズに移動することができなければ、各所に荷物を届けるのは困難になってきますよね。
血流が悪化すると、ヘモグロビンが体内に行き届かなくなり、臓器は酸素不足に陥ります。貧血の改善には血流の改善が必要不可欠なのです。
「知ってた?血流悪化の真のメカニズムとは」
一般的に、「血圧が低いから、血流が悪くなる。そのせいで冷え性や立ちくらみなどが起きる」と思われていますが、実はそれは大きな誤解です。
正しくは、
  1. 心臓のポンプ機能が弱いため、血管に多くの血流を流すことができない
  2. 血管に流れてくる血液の量が少ないため、血管壁にかかる圧力が下がる(低血圧に陥る)
  3. 下がりすぎた血圧を正常の範囲内に戻すため、血管は自ら収縮を始め、血圧を上げようとする
  4. このとき、ストレスやホルモンバランスの影響で自律神経が正常に機能しないと、ただしく血管を収縮させることができなくなる
  5. その結果、血圧を上げることができず低血圧状態が続くことになる
という機序なのです。
つまり、「血圧が低いから、血流が悪くなる」のではなく、「正しく血管を収縮させることができないから、血圧が下がり血流が悪くなる」ということ。運動や食事療法などでただ単純に血圧を上げるだけでは血流の改善には至りません。根本的な原因が取り除かれていない以上、どんなに血圧をあげても一時しのぎになってしまうばかりで必ず低血圧は再発してしまいます。
整理すると、血流が悪化する主な原因は
  • 心臓のポンプ機能そのものが弱いこと
  • 自律神経の乱れにより、血管が正常に収縮しないこと
さらに、
  • 体内の活性酸素と悪玉コレステロールが融合して悪さを働き、動脈硬化をおこしていること
も挙げられます。動脈硬化を起こしている血管は固くボロボロになっているためほとんど収縮しません。どんなに自律神経を整えても、動脈硬化になってしまっていては意味がないということになりますね。

読める?「当帰芍薬散」~最もメジャーな貧血用漢方薬~

貧血の改善には漢方薬も多く使われます。最もメジャーなのは「当帰芍薬散料(とうきしゃくやくさんりょう)」。これは病院で処方してもらえる、れっきとした医薬品です。その特徴や効果を確認しましょう。

当帰芍薬散は、血行をよくして体をあたため、貧血症状を改善する漢方薬です。
痛みの緩和やホルモンバランスの調整にも効果があり、女性に多く用いられます。漢方薬には五臓という考え方があるのですが、そのうち脾(胃腸)の働きが弱い人に向いているとされているのがこの薬です。体力がなく、冷え性で貧血気味、顔色も青白い…そんな人に適しているといわれています。
貧血でつらそうな女性
6種類の生薬が配合されてできていますが、主な材料はその名の通り「当帰」と「芍薬」。当帰には血行をよくして貧血を改善する作用があります。
ホルモンへの作用や貧血改善作用が動物実験などで明らかになっており科学的な根拠もしっかりと取れた信頼のおける薬です。
ただし漢方薬といっても薬はクスリ。副作用も報告されています。
配合されている生薬には胃の粘膜を荒らしやすいものが多く、当帰芍薬散を飲むと副作用として胃腸障害をおこすとよくいわれます。
このため、もともと胃腸がとても弱い人などは非常に慎重に服用しなければなりません。ほかにも、吐き気、嘔吐、下痢などを起こしやすい人は要注意です。
また、体質に合わない場合は発赤やかゆみ、肝機能の異常などが現れることもあります。漢方薬だからといって過度に安心せず、医師の指導のもとに服用しなければなりません
貧血や血流の改善という観点ではさらにもうひとつ、押さえておかなければならない弱点があります。それは、当帰芍薬散には「血流の改善」の効果は認められないということ。
鉄分やヘモグロビンをどんなに増やしても、血流が良くならない限りは貧血による辛さはなくならないことについては既に解説しましたね。すなわち、当帰芍薬散だけでは対策としては片手落ちです。血流を改善する別の対策も併せて取らなければなりません。

実はあった!貧血にパーフェクトに対処できる漢方はこれ

紹介する看護師さん

ここまでの解説で、貧血への対処には
  • 血流の改善
  • 鉄分の補充
この両方が必要であることはご理解いただけたでしょう。当帰芍薬散と何かを併用するのも悪くはありませんが、両方の要素に同時に作用してくれるモノがあればそちらの方がずっと簡単で便利。最後にそんな素敵な漢方を紹介しておきましょう。
それは、「高麗人参」なのです。
高麗人参は体内で、バランスの崩れた様々な場所にアプローチしてくれる万能選手です。特に自律神経への働きかけは得意中の得意技。乱れを整え、正しい状態に保つことができれば、血管もしなやかに収縮することができます。下がった血圧を再び上げることができるようになり、めぐり力がアップするというわけです。
また、強い抗酸化力も魅力のひとつ。このパワーで、過剰になった活性酸素をノックアウトしてくれます。活性酸素は悪玉コレステロールと出会うと動脈硬化を引き起こす最凶のワルモノですから、これを除去してくれるのはとてもありがたいことですよね。
喜ぶ女性
また、高麗人参にはさまざまな栄養素が豊富に含まれています。中でも貧血改善に有効な「鉄分」はたっぷり。他にも「葉酸」や「ビタミンB12」など、重要な成分を含んでいます。
「悪性貧血には必要不可欠、ビタミンB12」
鉄欠病症貧血についで多いのは、悪性貧血です。これはビタミンB12や葉酸不足することで赤血球量が減少してしまうためにおこるもの。
これらを摂取できる高麗人参は、鉄欠乏貧血の人のみならず、悪性貧血の人にもおすすめできる漢方成分といえるでしょう

まとめ

今回は女性の大敵、貧血について深く掘り下げてみましたが、いかがでしたか?知っているようで知らなかったこともたくさんあったかもしれませんね。

今回のポイントは

  • 貧血に対処するには、鉄分の補充と血流の改善の両方が必要である
  • 当帰芍薬散など貧血専門の漢方薬には、鉄分補充効果はあるが血流改善の効果はないため、単剤のみの使用だと貧血の対処法としては足りない
という点です。また、当帰芍薬散の副作用も挙げながら、漢方薬だからと言って油断しきってはいけないことも述べてきました。
漢方成分の中で言えば、万能なのは高麗人参です。自律神経、活性酸素、栄養面においてなど原因すべてに作用することができます。処方薬と異なり通販や店頭でサプリメントとして購入するのも簡単ですから、まだ試していない方は一度トライしてみるのもいいかもしれませんね。

P. S.

高麗人参サプリ売り上げNo.1は?


高麗人参は滋養強壮剤や、栄養補給系ドリンクなどには必ずといっていいほど含まれていることから分かるとおり、漢方の滋養強壮最上級成分となっています。
それゆえに高麗人参関連の商品はたくさん市場に出回っていて「いったいどの商品を選ぶべきなのか」と誰もが迷ってしまいます。
そんな時は「市場シェア」を参考にして決めるのが失敗しない買い物の仕方かも知れません。高麗人参の市場シェアを調査してみたところ「正官庄」という商品が10年連続で世界売り上げNo.1のようです。ご参考までに。